臨床心理士による専門的なカウンセリング・サービス機関

やまき心理臨床オフィス 立川

カウンセリング予約フォーム

TEL 042-523-8240

アクセス

松隈 信一郎のプロフィール

松隈 信一郎Shinichiro Matsuguma

公認心理師(登録番号31283号)





現 在

・一般社団法人ストレングス協会 代表理事
・慶應義塾大学精神神経科学教室 特任助教
・立教大学グローバル教育センター 兼任講師
・やまき心理臨床オフィス
・学校法人角川ドワンゴ学園N中等部・N高等学校 21世紀スキル学習 監修者
・学校法人八洲学園高等学校 スクールカウンセラー
・Gallup Inc. シニアコンサルタント


略 歴

福岡県出身。医学博士、公認心理師。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程修了。専門はポジティブサイコロジーとストレングス(強み)研究。在学中に一般社団法人ストレングス協会を設立し、ポジティブサイコロジーの理論を応用した不登校やひきこもりのアウトリーチ、及び教員、保護者、対人支援職の方を対象にした心理教育、各教育機関の心理教育プログラムの開発・監修に従事。第6回ポジティブサイコロジー世界大会臨床部門症例大会ファイナリスト。


自己紹介

人間の強みや本来備わっている力に目を向けることで、よりよく生きていくことが出来るというポジティブ心理学を専門に、クライアントの特性に応じた解決策を一緒に考えていく姿勢を大切にしています。問題や症状を問わず、クライアントの方が既にもっているものや強みを最適に使えるようサポートできたらと思います。


所属学会

・日本ポジティブサイコロジー医学会(事務局)
・国際ポジティブ心理学協会(IPPA)
・日本ブリーフサイコセラピー学会


著書



ポジティブサイコロジー不登校・ひきこもり支援の新しいカタチ(金剛出版)


主な記事

「ポジティブサイコロジー:こころの保健分野の充実に向けて」(日本精神衛生会『心と社会』47巻2号)
「『強み』の見出し方」『月刊 精神科』2017年7月号(科学評論社)
「ひきこもりの青年への強みに基づく認知行動療法」『疾患・領域別最新認知行動療法活用術 精神療法 増刊第7号』(金剛出版)
第8章「ポジティブな精神療法的・行動的介入」(翻訳)『ポジティブ精神医学』(金剛出版)

メディア

時事メディカル「ポジティブサイコロジーの活用で引きこもり支援」(2021年3月25日掲載)
NIKKEI STYLE 「増える自信のない子どもたち『強み』知って取り戻す」(2021年3月1日掲載)